社員インタビュー

フラットでオープン。チャレンジできる会社です。 ソリューション事業推進本部 マーケティングチーム 土田 由莉

マーケティングの仕事は多岐にわたる

私の現在の仕事は、自社のマーケティングです。特に新規顧客の獲得や既存顧客への継続アプローチに関する施策全般を担当しています。インターネットを活用したマーケティング活動や各種新規サービスのプロモーション、各種展示会出展の企画立案運営などその仕事は多岐にわたります。

最近の仕事の中で、特に印象深かったのは新しい商材のプロモーションです。当社のツールを使い、その時のトレンドをテーマとして取り上げ分析し、レポートとして販売するという企画のプロモーションでした。企画からリリース時期までおよそ1か月という短期間で、私自身経験のないことへの挑戦もありましたが、プロジェクトメンバーと議論し、ブラッシュアップしながら方向性を定め、物事を遂行していく、プロジェクトの原理原則を多少なりとも理解することができ、よい経験が積めました。想定外のことも多々発生しましたが、なんとか大きなミスなく乗り越えたことは自分の自信にもつながったと思います。

いま、VALUENEXはマーケティングを本格的に強化しようとしている時期と捉えています。そのため、様々な施策を試し、自社やその時の状況に合わせて経験を繰り返し、どんなことが有効なのかを見極めていく必要があります。VALUENEXとして最適なマーケティングというものを確立させ、それを軌道に乗せていきたいですね。

VALUENEXのユニークなところ

VALUENEXにはいくつかユニークなポイントがあると感じています。1つ目は「フラットでオープンな風土」です。上下関係なく意見・議論を求められますし、職位ではなく内容で評価されます。社員のほとんどが中途入社で、専門分野もさまざまなバックグラウンドが異なる人たちが集まっています。それぞれの経験や、それに伴い養われた勘、ネットワークを生かし、よいアイディアはどんどん取り入れていこうという社風です。

2つ目は、「オフィスがかなりユニーク」です。フリーアドレス制を導入しており、毎日、どこに座って仕事をしてもよいルールになっています。私はその日の業務内容に合わせて、集中したい場合はこの席にしようとか、チームでプロジェクトを進めている場合はそのメンバーが近いところに座ろうとか、集中力を高めるために立ちながらパソコンを使える昇降式テーブルもあったり、状況や個人的な気分に合わせて席を替えながら仕事ができます。パーソナルスペースも広く、すごく快適に働いています。

ポジティブが信条です。

自分の仕事に対するポリシーは、「ポジティブ」に仕事に取り組んでいくことです。そのためには、今やっている仕事にどういう意味があるかなど常に考え続け、社内外のメンバー・パートナーと意思疎通を図ることが大切だと思っています。

休日は地味にすごしています(笑)

休日の過ごし方のは基本パターンが3つあります。ひとつ目は「都内の散歩」。都心に住んでいるので、池袋、新宿、有楽町、巣鴨など様々な街へ歩いて2時間程かけて訪れるんです。2つ目は、夫と協力して平日に「溜まった家事を片づけ」ます。平日は、ほぼまったく家事をしません(笑)。その分、週末に集中して。 3つ目は友人・知人、さらに新しい方々と触れ合う機会を定期的に設けて自分の考え方が凝り固まらないようにしています。そういったことで視野も広がり、いろんな刺激にもなります。

チャレンジできる会社です。

VALUENEXはまだそれほど大きな会社ではありません。自分の主担当はありますが、チャレンジ精神があれば、いろいろな仕事に取り組める環境です。ぜひ意欲を持っていろいろなことにチャレンジしてもらえればと思います。限られた時間のなかで、優先順位をつけて業務に取り組む、そんな環境の中で主体性を持ちながら働くことが楽しいと思える方々にぜひとも来ていただきたいです。

社員インタビュー トップへ