VALUENEX俯瞰解析ツールTechRadar/DocRadarの新ユーザーインターフェイス(UI2.0)をリリース

2018年7月18日

このたび、VALUENEXTechRadar / DocRadarの新ユーザーインターフェイス(UI2.0)をリリースいたしました。注目の機能特長や新デザインについてご紹介いたします。

UI2.0注目の機能

俯瞰図上で指定した領域※1に集積した、文献の内容を表す連接語(複合語)を自動表示することが可能になりました。これにより、従来のユーザーインターフェイスよりも短時間で俯瞰図全体像の把握が容易となります。

※1 類似性の高い文書が集積し、等高線(=等密度線)で囲まれた箇所を「領域」と呼びます。

UI2.0のデザインについて

日本国内にとどまらず、欧米など海外からのお客様にも使用いただきやすいようにグローバルデザインに基づいた設計思想を採用しました。視覚的、直感的に操作しやすいデザインとなっております。また、俯瞰図や分析メニューのレイアウトも刷新いたしました。

2.操作項目(図中①)~クイックハイライト:任意の出願人を選択(図中②③④)~俯瞰図上の色付けされた任意のクラスタから代表的な特許情報を表示(図中⑤)

この機会にぜひ、UI2.0VALUENEX俯瞰解析ツールをお試しください。


>>UI2.0操作体験会の詳細・お申込みはこちら<<