特許庁の新しい試み「知財インテリジェンスサービス」にVALUENEX俯瞰解析ツールが掲載されました。

2018年5月14日

 2018514日、特許庁は新しい試みとして「知財インテリジェンスサービス」紹介ページを公開しました。特許出願技術動向調査ではカバーしきれないユーザーニーズに即した知財情報分析サービスとして、VALUENEX俯瞰解析ツールが掲載されています


VALUENEX俯瞰解析ツール 紹介ページは こちら

ビジネスの意思決定を支援するビッグデータ可視化・解析サービスを提供

 ニュース・記事、SNS、アンケート、金融情報等、様々な情報がありますが、その中でも技術情報(論文・特許等)は企業の戦略的情報が詰まった有力な情報源の1つです。これらの情報を読み解くことで、市場・技術動向、競合把握、新規事業探索、アライアンス先探索等といった洞察を得ることができます。

VALUENEXは、仮説構築~解析~洞察獲得フローにおいて、以下のような強みがあり、今回はその一部機能をご利用できます。

  1. 独自アルゴリズムによる俯瞰的かつ精緻な可視化
  2. 多くのコンサルティングで培った意思決定に役立つ独自指標
  3. ユーザーニーズを反映したインタラクティブなUIUX

VALUENEX俯瞰解析ツール (TechRadar Scope) 無料体験サイトは こちら

TechRadar Scope ~関心技術内容を基に類似特許を高速収集・可視化~

 

TechRadar Scope無料体験サイトでは、技術内容を表した文章または特許番号を入力していただくと、入力内容に類似した特許を収集し、特許同士の文書内容から計算した類似度に基づき、俯瞰図を生成します。そして、可視化された俯瞰図にて出願人やキーワード等の情報も確認いただきながら、収集した特許群の概観を素早く理解することが可能です。簡易的な先行技術調査(一次スクリーニング等)、アイディア発想、アライアンス・顧客候補の探索等に活用いただけます。

図.TechRadar Scope体験フロー