<2017/10/4> IAM Magazine issue 86の特集に、VALUENEXと三菱UFJモルガン・スタンレー証券が共同執筆した記事が掲載されました。

2017年10月6日

当社代表の中村と塩原邦彦氏(三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社 エクイティリサーチ部長)が共同執筆した「An IP-based business model for equity research」が、IAM Magazine issue 86の特集に掲載されました。

 証券会社を取り巻く環境が大きく変わりゆく中、エクイティリサーチの在り方が問われています。そこで、VALUENEXと三菱UFJモルガン・スタンレー証券は、市場・金融情報だけでなく、特許・論文等の技術情報も活用した様々な分析を共同で進めています(※1)。

 本記事では、証券会社を取り巻く環境変化、特許情報を活かした業界・M&A分析等を事例に、エクイティリサーチや情報解析の今後について論考しています(※2)。なお、本雑誌は、2017/10/29から東京で開催予定のIPBC Asia 2017にて、参加者に配布される予定です(※3)。

 また、共同著者の塩原氏は、2017/11/9-10開催予定のNGIASカンファレンスにも登壇予定です(※4)。

 

1 (2017.04.27)VALUENEXと三菱UFJモルガン・スタンレー証券が業務提携。技術俯瞰解析を利用した独自サービスを提供。

2 (2016.12.20)当社が執筆に協力した三菱UFJモルガン・スタンレー証券様によるレポートが公開されました

3 (2017/10/29~10/31)東京にて開催される「IPBC Asia 2017」にゴールドスポンサーとして参加します。

4 NGIASカンファレンス開催概要