<2017/9/11> 公益社団法人自動車技術会発行の書籍「2050年自動車はこうなる」にて、スマートシティ関連論文の俯瞰解析が取り上げられました。

2017年9月11日

2017年5月に発行された公益社団法人自動車技術会(自技会)の書籍「2050年自動車はこうなる」にて、弊社の解析事例が取り上げられました。

本書籍は、自技会創立70周年記念出版されたもので、将来(2050年)のモビリティ社会を展望した内容となっています。
その中でVALUENEXは、モビリティを都市の一部と広く捉え、スマートシティ関連論文を俯瞰解析することで、要素技術や主要国別の注力領域等の将来予測に資する知見を明らかにしました。

本書籍に興味のある方は、下記の自技会のホームページより、お買い求めいただけます。是非、ご覧ください。

■出版案内
https://tech.jsae.or.jp/hanbai/html/detail/j2017-32.html

■目次
https://tech.jsae.or.jp/hanbai/html/detail/j2017-32mokuji.pdf
※VALUENEX執筆箇所;第1部-補遣ii 将来予測分析