ニュース

 <2017/4/24~4/26> Innography Insights 2017(アメリカ)にて、世界最大級の法律事務所Skaddenの講演にて、VALUENEXの分析事例が紹介されました。

2017年5月31日

 

2017年4月24日~26日にアメリカ・オースティンで開催されたInnography Insights(*) 2017にて、VALUENEXのTechRadar/DocRadarを活用した分析事例が発表されました。

(*)Innography Insightsとは:特許検索・分析ツールを提供しているInnographyのユーザーコンファレンス

今回、世界トップクラスの法律事務所であるSkaddenの講演にて、特許ポートフォリオ分析の一環で、特許データの検索・収集をInnographyで行い、分析をVALUENEXのTechRadar/DocRadarで行った事例が発表されました。

 このような、特許ポートフォリオ分析や、既に利用中のデータベースを活用した分析等にご興味のある方は、是非こちらから当社までお問い合わせください。

 

発表内容

  • タイトル:Analyzing M&As through Patent Ownership

  • 講演者:Ken D. Kumayama, IP & Technology Group, Skadden, Arps, Slate, Meagher & Flom LLP

  • 概要:東アジアでM&Aを積極的に取り組んでいる、アリババ、ソフトバンク、フォックスコン(鴻海)を事例に、法律事務所におけるM&A取引での特許・技術デューデリジェンス、特許ポートフォリオ分析等を紹介しています。

以下は実際に発表された資料(※英文)となります。ご参照ください。

https://www.slideshare.net/valuenex/insights2017-analyzing-matransactions