ニュース

三菱UFJモルガン・スタンレー証券様主催セミナーにて当社代表の中村が講演をいたしました。

2017年1月31日

 

当日は約300名が収容できる三菱UFJモルガン・スタンレー証券様の大会議室にて講演が催され、多くの機関投資家の皆様にご参加いただきました。

1時間半に及んだ講演では、当社の独自アルゴリズム技術を用いたビッグデータ解析による未来予測を行う当社のサービスについてご紹介いたしました。

◆テーマ:「いかにして未来を設計するか?~Predictive Analytics~」

◆開催日時:2017年1月12日(木) 13:45~15:15

◆講演者:当社代表取締役 中村 達生(なかむら たつお) (http://valuenex.com/company/officer/)

 
20170131.png


10万件を超える膨大な特許情報から解析を行う技術戦略予測、大手企業によるスタートアップ企業の買収から読み解く経営・技術戦略、歴代米国大統領の発言による政策傾向の解析等、実際に当社のサービス(http://valuenex.com/service/summary/)を用いて解析した結果を事例として多数取り上げました。

そこでは、専門性の高い話のみならず、SFの名作映画を引き合いにして「合理的に物事を考えていくことによって未来を予測することができる」というお話もさせていただき、好評を得ました。

会場での反響は当初の想定よりも遥かに大きく、当社が俯瞰解析した未来予測が実際に実現させているか等、具体的なご質問を多数頂きました。

本講演を聴講いただいた機関投資家の皆様が企業価値判断を行う上での1つの新たな指標として我々が提唱する俯瞰解析(Panoramic View Analytics)をご理解いただく良い機会となったのではないかと思います。


◆関連情報:

「当社が執筆に協力した三菱UFJモルガン・スタンレー証券様によるレポートが公開されました」http://valuenex.com/news/161220/