2016.11.9~11 •「特許・情報フェア&コンファレンス 2016」

特許・情報フェア&カンファレンスは科学技術館で年一回開催される、知財業界最大の展示会です。

今年度は3日間で合計約2万人の方が来場し、特許検索システムをはじめ、分析・解析システム等の展示が行われ、経営者、弁理士、研究者の方をはじめとする様々な業務に携わる方が国内外からお見えになりました。

特許情報および知的財産関連の日本最大の専門見本市に今年も出展します。 代表の中村によるPredictive Analyticsに関するプレゼンテーションや解析ツールのデモ、サービス・解析事例紹介など盛りだくさんの内容です。ぜひご来場ください。

日時

2016年11月9日(水)~11日(金)

開催日時

2016年11月9日(水) 10:00~17:00  カンファレンス & 企業セミナー

2016年11月10日(木) 10:00~17:00 カンファレンス

2016年11月11日(金) 10:00~17:00 カンファレンス

会場

科学技術館(東京・北の丸公園)
東京都千代田区北の丸公園2-1


VALUENEXでは新たにリリースされたUI/UXの展示と、多くの皆様に試していただくための無料トライアルを実施いたしました。また弊社代表の中村による講演では、会場が満員になるほどの方々に来場いただき、例年にも増して大盛況となりました。

企業プレゼンテーション

日時:2016年11月9日(水)12:30~13:15 
演題:Predictive Analytics ~BIG DATA VISUALIZATION~
プレゼンター:VALUENEX株式会社 代表取締役 中村達生

幅広い情報を可視化(Panoramic Analysis)し、未来予測(Predictive Analytics)を可能とした弊社システムの新たなユーザーインターフェイス(新UI)と、それを用いた最新の解析事例をご紹介致します。研究開発、知財関係者の方はもとより、経営企画から人事担当の方まで必見の内容です。

未来予測(Predictive Analytics) から、もう一つの未来を切り開く。BIG DATA VISUALIZATIONから各種法人の戦略策定と意思決定に貢献する。そのようなツールと事例のご紹介です。

2030年未来予測ブームが製品やサービス開発業界では賑わいをみせています。弊社では、特許調査にとどまらず技術解析を通じ、多くの方がお持ちのそれぞれの課題を自らコンサルテーションすることを可能にするシステムの開発を行っております。

会場:科学技術館 1階特設会場 
定員:先着順 90名
聴講料:無料

お越し頂いた方、全員に無料トライアルIDをプレゼント

弊社ブースにお越しいただいた方、全員に、新UIを体験できる無料トライアルID(2週間分)をプレゼントいたします。

ブースセミナー

弊社ではブース内にて、弊社社員における事例紹介セミナーを行いました。

人工知能技術の研究開発動向分析、ワイヤレス給電の応用展開先探索、リチウムイオン電池の安全対策、医薬品分野の開発動向、超高速取引等、いま話題の事柄を新たにリリースしたUI/UXを用いてご紹介いたしました。

どのセミナーも大変な盛り上がりでした。

これまでは特許調査に特化していた国内企業が、特許分析により戦略的に経営課題に取り組んでゆくことに関心が高まっていることが見受けられました。