事後レポート

<2018/11/7~11/9> 特許・情報フェア&コンファレンス2018へ出展いたしました。

特許・情報フェア&コンファレンスは科学技術館で年一回開催される、知財業界最大の展示会です。

今年度は3日間で合計約2万人の方が来場し、特許情報データの分析・解析ツール等の展示が行われ、経営者、弁理士、研究者の方をはじめとする様々な業務に携わる方が国内外からお見えになりました。

VALUENEXでは俯瞰解析ツール新ユーザーインターフェース(UI2.0)のご紹介と、新ユーザーインターフェースでの解析事例パネルを展示しておりました。また弊社代表取締役社長 中村による講演では、会場が満員になるほど多くの方々に来場いただき、例年にも増して大盛況となりました。

開催日時

2018年11月7日(水) 10:00~17:00 コンファレンス & 企業プレゼン
2018年11月8日(木) 10:00~17:00 コンファレンス
2018年11月9日(金) 10:00~17:00 コンファレンス

開催場所

科学技術館 (東京・北の丸公園) 東京都千代田区北の丸公園2-1

URL

http://www.pifc.jp/

企業プレゼン

VALUENEX代表取締役社長の中村達生が、「知財+非知財の情報解析から本質的なインサイトを導く時代へ」という題目で企業プレゼンを行いました。

本プレゼンでは、情報に関する将来展望をはじめ、有望なスタートアップ探索、技術のトレンド分析、新技術の兆しや自社技術の探索といった弊社の多様な情報解析事例をお伝えしました。

ブースプレゼンテーション

ブース内にてミニプレゼンテーションを行いました。

テーマ1:解析ツールによる新事業探索事例
テーマ2:より速く、より直感的に。進化したUIの機能特徴

上記2テーマを新たにリリースした新ユーザーインターフェースを用いてご紹介いたしました。

解析ツールによる新事業探索事例

 

進化したUIの機能特徴紹介

 

最終日に急遽追加した弊社代表取締役社長 中村のショートプレゼンにも、多くの方々にご聴講いただきました。

プレゼン内容は初日に行った企業セミナーの凝縮版

 

どのセミナーも大変な盛り上がりでした。

知財情報を多面的な視点で調査・分析することにより、様々な企業課題に対し、新たな戦略的な知見が得られることに関心が高まっているようでした。

今年度特許情報フェアは、昨年と比べて3倍以上も多くの方々に弊社ブースや企業プレゼンにお越しいただきました。
知財情報の経営戦略活用が叫ばれる昨今、今後も弊社は知財業界での弊社解析ツール(ASP)およびコンサルテーションにてお客様のビジネス課題に対するご支援に邁進してまいります。