イベント

<2019/3/16>医工連携による医療機器開発促進のための知財活用セミナー

2019年3月12日

 日本医師会および関東経済産業局が主催するセミナーにて、講演および展示を行います。

本セミナーは、医療機器開発を促進するために、どのように特許や知財を活用すべきかというテーマで実施され、実際に医療の現場をよく知る医師や弁理士による実用的な事例を聞くことができます。

 医療機器開発においても特許データ分析は有用であり、事業戦略の要となるものと確信しています。本セミナーで講演させていただくVALUENEX社 代表取締役社長 中村達生は、これまでの特許情報活用に関する技術の研究開発の実績が認められ、2019年3月、一般財団法人日本特許情報機構理事長賞を受賞しました。特許データ活用の第一人者である中村より、医療機器開発に関わるすべての皆様の課題解決に役立つ情報をご提供しますので、ご興味がありましたらぜひご来場ください。

医工連携による医療機器開発促進のための知財活用セミナー 開催概要

日 時:2019年3月16日 (土) 14:00-17:00 (開場 13:00)

場 所:日本橋ライフサイエンスハブ (三越前駅 銀座線、半蔵門線)

参加費:無料

定 員:100名

主 催:日本医師会、関東経済産業局

リンク:オフィシャルページ / プログラム詳細 (PDF)