ケーススタディ

 VALUENEXのビッグデータ分析ASPツール「DocRadar/TechRadar」は、さまざまなビジネス戦略の策定にご利用いただいておりますが、VALUENEXの強みはツールのみではありません。業界、職種、国内外を問わず、多くのケース (課題) に俯瞰解析のノウハウ提供を行うコンサルティングサービスがツールと組み合わさることで、他では真似ることのできない大きな効果を生み出します。
 ケーススタディでは、これまでのコンサルティング経験により培われてきたVALUENEXの洞察に富んだビッグデータ解析レポートをご紹介いたします。

 
Valuenx - Fujifilm Report

富士フィルムのヘルスケア業界への参入に向けた知財戦略とは

 20世紀後半において社会形成を担ってきた多くの企業が、いま再び新しい市場への適応を迫られている。社会と人々のライフスタイルを取り巻く環境が急速に変化していく中で、多くの企業は革新的な製品開発に対して後塵を拝している状況である。デジタルカメラ市場の変遷はこの典型例であり、以前はフィルムカメラ市場を一掃してきたが、現在は再び新たな過渡期を迎えている。

 こうした背景の中、本稿では富士フィルムがどのようにして自社の研究開発戦略をヘルスケア領域に展開させていったか、特許ポートフォリオのデータに基づいて明らかにする。


次世代の超音速飛行機

 2003年、コンコルドの退役により超音速旅客機は一つの区切りを迎えた。一方、近年の技術革新や、エンジン騒音の低減・燃費効率の向上により、ニューヨークーロンドン間のフライト時間は再び3時間15分まで短縮されようとしている。

 また、ロッキード・マーティンはAerionと商用の小型超音速ジェット機開発に向けた協業を進め、さらにSpike Aerospaceはマッハ1.6で飛行するプライベートジェット機の開発を目指すなど、来る2020年代に向けて、超音速機の新たな旅立ちが期待されている。

Valuenex - Supersonic Flight

VALUENEX - Space Race Report

 新たな宇宙競争の時代

 いわゆる"第2次宇宙競争"では、これまでSpaceX (スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ) といった企業がリードしてきた感があるが、その他の企業もまた大きな野心を抱き、異なる方面からの参入を試みている。

 こうして多種多様なテクノロジーが混在し展開されていくなかで、今後の宇宙競争は誰が、いつ、どこへ私たちを導いていくのか。そして、私たちはどのようにその足跡を捉え、理解すべきだろうか。特許技術を俯瞰することで最新の技術動向を見極め、今後の宇宙競争の進化と展望について予見する。